Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査合格までの道のり(あきらめないで!)

コスモス Google AdSense
スポンサーリンク

こんにちは!かんなです。
コロナ禍で遠出や外出することも少なくなり、季節感を感じることが少ない今日この頃ですが、お出かけした先で綺麗なコスモスを見れたので、撮影してきました!(トップの写真は私が撮影したものです。)あっという間に秋ですねー(^▽^*)

今回はGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の審査合格までの道のりについて、私の経験談を少しお話しようと思います。

スポンサーリンク
初めて参加した資産運用のセミナー
初めて参加した資産運用のセミナー、レッスンのテーマや、どんな人が参加していたか、雰囲気、受講費用等についての記事です。初めてだと気になる内容ではないでしょうか。是非チェックしてみて下さい。

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは?

Google AdSense(グーグルアドセンス)のタグを貼り付けておけば、自分が運営しているWebサイト上に、Webサイトを見ているユーザーに対して最適な広告が自動で表示されます。ユーザーによって広告がクリックされると報酬が得られます。(※最終的に確定した報酬を得られるまでには色々条件があるようですのでご注意下さい。)

Google AdSense(グーグルアドセンス)に参加するためには?

参加するためには、審査に合格する必要があります。
自分のWebサイトを作成して、以下のポリシーに違反しないように記事を書いた後、審査の申し込みをします。

Google AdSense(グーグルアドセンス)ポリシー
https://support.google.com/adsense/answer/23921?hl=ja

審査の申し込み方法は、Google AdSense(グーグルアドセンス)のホームページや、色々な方のブログ記事等に詳しく記載されているので、そちらをご参照下さい(^^)ノ

スポンサーリンク

審査に通らない・合格しない時に見直したところは?

私は一度では審査に通らず、受信した連絡メールの履歴を見ると、不合格の連絡を3回受けました。

Googleから届く不合格の理由は「価値の低い、うんぬんかんぬん…」ということでした。
これは一生懸命サイトを作成している側からすると、自分のサイトって価値が無いのか(T_T。)と、結構グサッ★と心に刺さりますよね。

不合格の理由には、自分のサイトのこの点が間違っているとか、不具合があるなど、明確な理由は記載されていません。

不合格の通知が来たその日に、これが不合格の理由かな?と思った箇所を修正して、再度審査の申請をするも、翌日すぐに不合格の通知が来ました。懲りずに不合格の通知が来たその日に、気づいた箇所を修正して、再度審査の申請をするも、翌日すぐにまた不合格の通知が来ました。これを更にもう1回繰り返して不合格でした。

不合格の原因がわからず、煮詰まりました。。。これはちょっと、頭を冷やす必要があるかと思って、そのまま1か月以上放置して、再度、気合を入れて、他の人のブログ記事等を参考にして、修正後、審査の申請をして、見事申請4回目でグーグルから「おめでとう!」の連絡が来て、審査に合格しました(^O^)/

この時修正したのは以下の箇所です。
・ブログに掲載している画像(写真)の「代替テキスト」(alt属性)を記述した。
 ※画像の代わりになるテキスト情報のことです。画像が表示されなかった時に、テキストで表示されます。

京都の秋を満喫!絶景の紅葉スポット「もみじの永観堂(禅林寺)」
秋に京都に行くなら「秋はもみじの永観堂」と言われる永観堂(禅林寺)がオススメです。辺り一面の紅葉に感動すること間違いなし!京都の秋を満喫できる絶景の紅葉スポットを訪れてみませんか?紅葉時期の写真なども掲載しているので是非ご覧下さい。

その他:審査の申請のために気をつけていた箇所・気づいた点

その他、グーグルのアドセンスのポリシーの注意事項以外に、審査に通るために気をつけていた箇所や気づいた点は以下の箇所です。

・PRIVACY POLICYと問い合わせ先のページを作成した。
 ※審査に通られた先輩方はこれらのページを作成していたので、作成しました。

・記事数は無駄に多く作成しなかった。
 ※アドセンスの審査に合格するためには、沢山(例えば100記事とか)記事数がないと駄目だとか言っているサイトが幾つかありましたが、そんなことはありません。私が審査に合格した際の記事数は10数記事でした。しかも審査を再度申請した際には、無駄に審査でマイナスになるようなポイントを増やしたくなかったので、記事数を減らして申請しました(^^;)恐らく基本的なアドセンスのルールが守られているかどうかという審査だと思うので、記事数の多さはそこまで心配することはないと思いました。

・一つの記事の文字数を少なすぎないようにした。
 ※これは、読者がしっかりわかるような内容の記事を書こうとすれば、必然的に文字数もそれなりに増えるので、そこまで気にする必要はないかとは思いますが、文字数が少なすぎるのは、内容が無いような気がするので、そうならないようにしていました。

・記事内の、無駄な改行などは極力作らないようにした。
 ※これが直接審査に関係するのかはわかりませんが、グーグルの審査がどのように行われるのかがわからないので、これは気をつけていました。読者側からは見えませんが、記事の編集画面を見ると、無駄に改行が入っていたり、段落が分けがおかしい場合があるので、その辺りは修正しました。

スポンサーリンク

ひと言

この記事がアドセンスの審査に通らずに悩んでいる方々のお役に立てれば幸いです(^^)ノグーグルからの不合格メールにめげずに頑張って下さい!(^▽^)/いつか道は開けます☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました